パスワード漏洩による個人情報流出の防ぎ方 不正ログインを防止するためには?



元号は令和になり、ますます拡大化する情報化社会の中で、身近に起こる怖いニュースが報道されました。今回はそのニュースについての情報と対処法についてお話したいと思います。

ユニクロ・GUのサイトに不正ログイン

ファーストリテイリング(ユニクロやGUなどの衣料品会社を傘下に持つ持株会社)が5月13日に、ユニクロ公式オンラインストア、GU公式オンラインストアにおいて、第三者による不正ログインが発生していることを5月10日に確認したと発表しました。

発表によると、不正ログインは4月23日から5月10日までの期間になんと46万1091件のリスト型アカウントハッキングの手法により行われていたとのことです。

不正に閲覧された個人情報は

  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号
  • 携帯電話番号
  • メールアドレス
  • 性別
  • 生年月日
  • マイサイズに登録している氏名
  • マイサイズに登録しているサイズ
  • 配送先氏名
  • クレジットカード情報の一部

これらの個人情報が閲覧された可能性のある約46万1091件のユーザーIDには、5月13日にパスワードを無効化し、パスワードを再設定するよう個別にメール連絡を行っているとのことです。

また不正ログインによる個人情報の悪用は確認されていないとのことです。

個人情報流出を防ぐためには?

上記のようなパスワード漏洩による不正ログインが原因で、個人情報が流出する危険というのはこの情報化社会ではいつ何時でもついてまわる問題になります。その個人情報を流出を防ぐための方法を紹介します。

パスワードを使い分ける

まずは、皆さんが普段からお使いしているパスワードをきちんと使い分けしていますか?もし、使い分けていないのならすぐに、使い分けるべきです。様々なサービスでパスワードを統一していると1つのパスワードが分かれば、他のサービスの重要な情報も芋ずる式に流出していってしまいます。それが原因で、迷惑メールだけならかわいいものの、SNSなどの乗っ取りをはじめ、ショッピングサイトの不正利用などの危険性も挙げられます。

なので、パスワード管理ツールやメモなどを用いて、各サービスごとにパスワードを使い分けましょう。

ただし、管理ツール自体のセキュリティが甘いと元も子もありませんので、信頼できるパスワード管理ツールを見つけましょう。

定期的にパスワードを変更する

自分では気づかない内にパスワードが漏洩していたり、知らないうちにサービス会社から漏洩していたという可能性もあるので、パスワードは定期的に変更することをオススメします。

ただし、こちらもデメリットがあり、パスワードを変更しすぎると新しいパスワード忘れないために以前使っていたパスワードと似たものを使ってしまうことや、パスワードを忘れてしまい、わざわざ手間をかけてパスワードの再発行をしなければいけなくなったりするので、そちらもメモ取るなどしましょう。

安易なパスワードを使わない

自分、家族、ペットの名前や、電話番号、住所、生年月日などの組み合わせは容易に予測できてしまい、流出するリスクが高まるので控えましょう。

また、大文字と小文字の組み合わせや、数字や記号など様々な文字を組み合わせることにより、さらに安全性が高まります。またパスワードの桁数は多いほど安全になります。

パスワード管理ツールなどを使うと複雑なパスワードを自動生成してくれたりするので、そちらを使ってみるのも良いと思います。

最後に

今の情報化社会では、パスワード流出や、個人情報流出の流出により悪用などは後を絶ちません。便利になっていっている反面、情報というものがより価値を持ち始め、便利が故に抜き取ることも出来るようになってきています。皆さんの個人情報が流出して悪用されないためにも強固なパスワードを設定しましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました