若者に大人気のGirls Don’t Cry(ガールズドントクライ)とは

ファッション

最近、街中やSNSなどで背中に「Girls Don’t Cry」とプリントされたTシャツやフーディを見かけることがあると思います。

さらには、先日原宿で行われた「VERDY Harajuku Day」で原宿では人だかりが出来、少し問題になったVERDYさんが手掛けるGirls Don’t Cry。

leak.tokyoより引用

ただ、まだあまり”Girls Don’t Cry”を知らないという方に向けて今回はこの「Girls Don’t Cry」について解説したいと思います。

Girls Don’t Cryとは

“Girls Don’t Cry”とは日本人グラフィックデザイナーである「VERDY(ヴェルディ)」さんが手がけるブランドのことです。

「泣かないで」を意味するGirls Don’t Cryですが、VERDYさんが奥さんへ向けた「いつも笑顔でいてほしい」というメッセージが込められています。

今や、様々なインフルエンサーやファッション好きの人々、若者たちから絶大な人気を誇るGirls Don’t Cryを手掛けるVERDYさんとは一体どのような人物なのかを次にお話します。

Girls Don’t Cryを手掛けるデザイナー VERDYとは

  • https://hypebeast.com/jp/tags/girls-dont-cryより引用
  • VERDYさんはVK DESIGN WORKS所属の日本人グラフィックデザイナーで、様々なアートワークを手掛けており、Girls Don’t CryやWasted Youthなどのプロジェクト生み出した人物であり、今やストリート界では知らない人はいない程の方です。
  • VERDYさんは、1987年に大阪で生まれ幼少期から絵を描くことが好きだったサッカー少年でした。
  • VERDYという名前も、サッカーチームである「ヴェルディ川崎(現在の東京ヴェルディ1969)」のユニフォームを良く着ていたところから由来してるそうです。
  • そして、大阪にあるグラフィックデザインの専門学校を経て、大阪ではファッションに関する仕事の話が入ってこなかったために2011年頃に上京しました。
  • 2015年頃からGirls Don’t CryやWasted Youthなどのブランドをインフルエンサーや様々な芸能人が着用したことをきっかけに人気に火が付きました。

    VERDYとの様々なコラボレーション

    VERDYさんは様々なブランドやショップとコラボレーションしておりますので、ここからはそのコラボの代表的なものを紹介していきたいと思います。

    • Los Angelesの人気ショップとのコラボアイテムを展開
    • BEAMS Tでの1日限定ポップアップストア開催
    • BABY-Gとのコラボキャンペーン
    • UNDERCOVER(アンダーカバー)とのコラボアイテムをリリース
      UNION TOKYOでポップアップストアを開催
      NUBIAN HARAJUKUで限定Tシャツをリリース
      俳優の松田翔太がアートディレクションを行っているCAREERINGとのコラボアイテムをリリース
      NIKEとコラボをし、NIKE SB DUNK LOWを発売
      HUMAN MADE(ヒューマンメイド)とのコラボアイテムをリリース
      Amazon Fashion “AT TOKYO”開催
      Champion BRAND HOUSE SHIBUYA TOKYOコラボアイテムをリリース
      UNIQLO UT “RISE AGAIN BY VERDY UT”を発売

    VERDY 原宿Dayについて

    10月13日、14日に行われたVERDY Harajukuについてですが、色々と問題も起こったようなのでそちらの方を少しまとめたいと思います。

    まず1つ目は「入店が先着順」ということです。

    入店が先着順であるがために、朝早くから何百人ものお客さんの行列が出来ることにより管理にしっかりと手が回らなくなって、商品が完売しているのにも関わらず列に並んでいる人達はその状況を知らないまま並んでいることになったらしいです。

    そして、2つ目は「開店と同時にVERDYさんの友人や知り合いを入店させた」ことです。

    朝早くから並んでいたお客さんがいるにも関わらず、VERDYさんの友人が先に入店し、一般客の列が全く進まないという結果になりました。

    最終的には警察までもが出動する状態になり、中止になりイベント終了となったとのことです。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました